朝晩2回のシャンプーで髪の毛が育たなくなっている

朝晩2回シャンプーで頭皮を清潔にするのは、スッキリして気持ちが良いものだが、その分皮脂を何度も取り過ぎる結果になるので頭皮を弱らせてしまう。

育毛相談サイトの薄毛対策

カテゴリーの目次
Home > 育毛相談サイトからニュース > 朝晩2回シャンプーで頭皮を弱らせている男性

朝晩2回のシャンプーで頭皮を弱らせる

朝晩2回シャンプーしている人の頭皮は、皮脂を取り過ぎているので弱っていることが多い。

頭皮が荒れていてフケが出ているのに、頭皮が青白い色をしている。ご本人は頭皮が痛痒いと訴えられている。

毛穴が詰まっている

誰か分かると駄目なので、かなり搾り込んで掲載しています。つむじを中心にスケスケ状態になっています。

つむじ

ご相談を承った限りでは、以下のような状態でした。

  1. 頭皮が青白い色をしているのに、シャンプーの残留があって皮膚刺激になっている
  2. 温浴での抜け毛が異常に多い。30本以上は抜けている。
  3. 抜け毛の中には、比較的太くて先細りでない正常に見える毛が多い。が、たぶん成長期が少し短くなっている毛が急激に増えている段階でないか?
  4. 精神的に苦痛なことがあり、気持ちが落ち込んでいる期間が長かった。心療内科に通っていたが、今はもう大丈夫。
  5. コロナ禍で自宅での仕事になり、ほとんど動かない日が多く横になっている時間が多い。おかげで低めの血圧が少し高くなっている。
  6. 家系的に男性はハゲ家系。遺伝子検査をしたら、中くらいの危険度と出ている。

頭皮の色が青白いのに、フケが出ていて痛痒く感じていらっしゃるなら、皮膚疾患が発症しかけているのかもしれない状態。
この方の問題は以下の3つ

  1. 皮膚疾患が発症しかけていること
  2. 頭皮を弱らせて血行が悪くなっていたこと
  3. 精神的な落ち込みで気ウツになり、全身の血行が低下
  4. 動かない生活で頭皮の血行が低下

以上のように、頭皮・心身の血行を悪くする習慣・環境が重なっているので毛の生育が悪くなっているのです。

頭皮と心身の血行

頭皮へ血が巡ってこないとか・弱いとか・少ない状態になっていると、生え替わってくる毛が成長しなくなってきます。また、その影響で家系的に因子を持っているなら、それが表面化しやすくもなります。

ケアとしては、皮膚疾患を起こしかえている状態の改善からですね。

  1. 皮膚常在菌の働きを弱めて、善玉菌が繁殖しやすい環境作りから始めて
  2. 頭皮を保湿して毛の生育しやすい環境を作るケアに移行:ここまでで半年以上1年くらい。この段階で正常な頭皮に改善でき、毛にも元気が出ている
  3. この方は毛を育てる力が強いようなので、1年を過ぎると透けている部位の完全が進む可能性大。
  4. 生え際のM字が2センチばかし後退しているが、ここの部分は形が出来て毛が無くなっているから難しいだろうと言える。全体の毛が無くならないことが優先順位一位で、その為のケアが必要。

まず第一段階の皮膚疾患を起こしかけている状態の改善ができないと、下手をすると毛を無くすことになるかもしれない状態ですね。

ページの先頭へ戻る

無料のサービス

メールマガジン育毛法を探る12のコツ
メールセミナー育毛に成功する基礎知識
育毛相談サイトの無料レポート
育毛相談に関する案内書
育毛相談サイトの提携店募集の案内書