過酸化脂質が頭皮を痛めて薄毛になっていると言われた

皮脂の分泌が過剰になっていて、それが過酸化脂質化して頭皮を痛めている。頭皮が赤くなったり炎症を起こしたりするのは過酸化脂質を取らないからではなく、皮脂を取るケアを続けているから。

過酸化脂質は皮脂を取るケアから

今頭皮に異常が出ている状態を見た時、「それは過酸化脂質の為だ。過酸化脂質が薄毛の原因だ。」と言うのは当たっているでしょう。

では、どうして異常の出ている頭皮に過酸化脂質があるのでしょうか?もともと頭皮は弱酸性に保たれているものです。それが何故?

清潔にするから過酸化脂質化

元々人の頭皮や皮膚は、汗と皮膚常在菌のうちの表皮ブドウ球菌等の善玉菌の産生物の影響で弱酸性に保たれています。

頭皮が弱酸性に保たれていて表皮ブドウ球菌が優勢になっている時は、健康な頭皮で皮膚を保てています。

ちなみに、頭皮が弱酸性の酸性はアルカリ・酸性の酸性のこと。過酸化脂質の酸化は腐敗をするの酸化です。全く異なる意味なので間違えないで下さい。

ところが、現在は清潔志向が強い人が多く、毎日丁寧に頭皮を洗って皮脂を取ることを繰り返しています。

皮脂を取ると皮脂が増え、過酸化脂質が増える

皮脂は人の体を保護する為に必要な分泌物なので、取れば分泌されます。これを毎日繰り返していると自然と皮脂の分泌が増えるようになり、洗わないとベタつくようになってしまいます。

抗酸化物質不足が過酸化脂質を増やす

元々皮脂は酸化しやすいのですのですが、現代人は季節の野菜や果物等の抗酸化物質を含む食品の摂る量がとても少ないので、過剰に分泌された皮脂が酸化しやすいのです。その上普段の生活の中での日光が過酸化を促進するのです。

抗酸化物質である季節の野菜・果物不足も影響していますが、揚げ物や炒め物等の火を通した植物油を好んで摂っていることも見逃せません。これらが過酸化しやすい皮脂の元にもなっています。

原因は過酸化脂質でなかった

こうして過酸化脂質ができる理由が分かると、本当の頭皮の異常や薄毛になる原因が分かります。

皮脂を取り頭皮を清潔にする洗髪、抗酸化物質の少ない食習慣、火を通した植物油、この3点が問題だってことですね。

過酸化脂質を減らすには

上記のことから、過酸化脂質を生成しないようにするには、次のことを心掛ける必要があります。

過酸化脂質が問題だからとよく洗うことを続けていると、さらに皮膚の状態が悪くなり、最悪難治性の皮膚炎を発症することにもなりかねません。