シャンプーを泡立てて頭皮と髪に付け置くように言われた

美容師さんに「シャンプーを泡立てて頭皮と髪の毛に付け置くと、髪の毛がきれいになるので良いですよ」と助言されました。最近頭皮が痒いのです。本当に良いのでしょうか?

シャンプーやトリートメントの頭皮への付け置き

以前、育毛相談室にいらっしゃった人で、「美容師さんにこのシャンプーを泡立てて頭皮に付け置くと髪の毛がきれいになるから良いよ」と助言された人と、「同様に美容師さんにこのトリートメントを髪の毛に付け置くと髪質が良くなるよ」と助言された人の頭皮を拝見したことがあります。

頭皮が赤い・出来物だらけ

両者の頭皮ともに、赤く炎症を起こし、いたる箇所にニキビのような出来物がたくさんできていました。

ご本人曰く「すごく頭皮が痒いです。」ともおっしゃっていました。

頭皮を洗うとお湯が泡立つ

育毛相談室では、初めの時にはできるだけ客観的に頭皮の状態を確認する為に、頭皮をお湯で洗います。今回の方々は、いずれの方もお湯で洗うとシャンプー剤やトリートメント剤がたくさん取れるのです。

当然、髪の毛に付着しているシャンプーやトリートメント・ムース・ワックス・スプレーのヘアケア製品の残留物も取れますが、同時に頭皮や毛穴内部に溜まっているヘアケア製品の残留物も取れます。

シャンプーに界面活性剤が使われているのをほとんどの人がご存じでしょうが、トリートメント等のヘアケア製品にも界面活性剤は使用されています。だから、これらが取れてくると、循環器のホールに溜まっているお湯が泡立つようになるのです。

頭皮に残留しているシャンプー等が取れると

頭皮や毛穴に残留しているシャンプーや他のヘアケア製品の残留物が取れると、見違えるように頭皮がきれいに戻る人もいらっしゃいます。中には幾分戻ったけど、痛み過ぎていて1回では戻らない人もいらっしゃいます。

もっと怖いのは、頭皮に炎症を起こし界面活性剤の作用で毛を支えている部位が荒れてしまっていることもあり、お湯で流すだけでブツブツと大量の抜け毛が発生することが多いことです。

頭皮のお湯洗いだけで2年かかる

最初に紹介しましたシャンプーを泡立てて頭皮に付け置きしていた人の頭皮が、今まで一番悪い状態でした。頭皮が真っ赤になっていてニキビだらけで、お湯だけで1回洗ってもシャンプー剤の残留がたくさん取れても、まだ残っているようでした。

抜け毛が多かったこともあり、延長してのお湯洗いは中止し、ご自宅でもお湯洗いをして、月に1回相談室でのお湯洗いを続けて頂くことにしたのです。

頭皮のお湯洗いだけを2年行って、やっと正常な頭皮に戻り、髪の毛も増え始めたのですね。

ここまでくれば、ご自宅だけでも十分ケアができるようになります。

トリートメントの付け置きで頭皮に異常が出ていた人は、抜け毛はあまり増えなかったことと、頭皮が正常に戻って毛にも元気が戻ったのでケア自体は始められませんでした。

シャンプーの頭皮への付け置きはしてはいけない

どんなシャンプーにも界面活性剤が使われています。違うのは、その由来による皮膚刺激の強弱です。

界面活性剤には由来による頭皮への浸透力とタンパク質変性作用の強弱があるものなので、いくら刺激の少ないシャンプーであっても、付け置きはいけません。

シャンプーに含まれる有効成分の浸透を促す為の付け置きだと思いますが、界面活性剤の方が浸透力があるものなので、付け置きだけは止めた方が良いです。

シャンプーの目的は、あくまでも洗い流すものであるのを忘れないで欲しいです。