薄毛の第一原因:ヘアケアの悪影響を防ぐ

普段のヘアケアとカラーが、薄毛の第一原因になっています。これをいかに防ぐかが、育毛方法を考える第一歩と言えます。薄毛の原因をそのままにしているといくら効果的な方法であっても効果に繋がりにくくなります。

薄毛の第一原因:ヘアケアはどうする?

ヘアケアの中でも一番のキーワードは、使うシャンプーをどするか?とシャンプー法をどうするか?の2点になります。
では、シャンプーはどうするか?ですね。

どんなシャンプーを使うか?

成分で言うと「硫酸○○」とか「スルホン酸○○」と表記されているシャンプーは避けましょう。脂分を取り去る界面活性作用が強過ぎます。

次にシャンプーの謳い文句や説明書き・使用方法にも注目して下さい。次のような表現・使い方があれば、それは皮脂を取って清潔にする為のシャンプーなので使わない方が良いでしょう。

今の世の中本当に色んなシャンプーが出回っています。ただ、ほとんどは頭皮用ではなく髪の毛用のシャンプーなので、頭皮を洗うのに適していない場合が多いです。

シャンプー法はどうする?

頭皮を洗うのに適しているかどうかの判断は難しいので、次のようなシャンプー法をお勧めします。

お風呂から出たら、タオルでふき取り、ドライヤーで乾かして下さい。ドライヤーで乾かさないと気化熱で頭皮が冷えて血行が悪くなります。

ドライヤーの使い方

シャンプー以外のヘアケア製品

シャンプー以外のヘアケア製品は、頭皮に付かないように、手の平にとって毛先だけや髪の毛の表面にだけに、ほんの少量使うようにすれば良いでしょう。手櫛で根本から髪の毛全体に使うなんて使い方をしたら駄目ですよ。

トリートメントなんかを髪の毛に付け置きなんかしないで下さいね。トリートメントやコンディショナーやリンスを使う場合は毛先だけです。毛の根本からキッチリ使ったらいけません。

スプレーやジェル・ワックスにしても、手の平に取り髪の毛を表面だけに使うようにします。

メールマガジン育毛法を探る12のコツ メールセミナー育毛に成功する基礎知識 育毛相談サイトの無料レポート 育毛相談に関する案内書 育毛相談サイトの提携店募集の案内書