「あなた」の習慣に薄毛の原因・問題点がある

普段何気なく行っている習慣の中に薄毛の原因・問題点があります。皮脂を取り清潔にする毎日のシャンプー法や習慣的なカラ―・座ってばかりで足を使わない習慣・白砂糖や炭水化物や肉類に偏った食習慣。これらを見直すことが必要。

頭皮の血行を悪くする習慣

頭皮の血行を悪くするのは、普段行っているヘアケアの影響が大きいです。

薄毛になりにくい人なら大丈夫でも、薄毛になりやすい人はこの習慣の悪影響を強く受けるので、避ける習慣を取り入れるのが対策になります。薄毛になりにく人でも、以下のヘアケアや定期なカラーはしない方が無難です。

以下の写真は、頭皮の温浴した際に頭皮と髪の毛から取れたシャンプーやヘアケア製品の残留物です。洗濯槽のように泡立っています。

洗濯槽のように泡立つ

シャンプー・トリートメント剤・スプレーやワックス・ジェル等のヘアケア製品の残留物が取れると、頭皮の異常が解消されて髪の毛にもボリウムが出てきます。

普段行っているヘアケアがどれだけ毛の生育を悪くしているのかを物語っています。

下記の写真は、ジェルで髪の毛を固めていた人の頭皮の拡大写真です。頭皮がボコボコになりフケが出ていて。髪の毛も太い毛と細い毛が混じっているのが分かるでしょう。

ジェルで頭皮ボロボロ

頭皮の温浴をするとジェルとシャンプーの残留物が取れて循環器のボール内は泡立ち、頭皮は綺麗な青白い色に戻りました。頭皮の痒みの消えたとご本人はおっしゃっていました。

定期的なカラ―

定期的にカラーやブリーチをしていると、髪の毛を以下の写真のように痛めます。

髪の毛を痛めるなら、上記のようにシャンプーで頭皮の保護膜を取ったところにカラー剤が乗り、髪の毛に浸透するように毛穴内部にも浸透するのですから頭皮と毛穴内部の毛を育てる組織も同時に痛めるので、血行も悪くなり細胞分裂も悪化し、次に生え替わってくる毛から次第に毛の育ちが悪くなっていきます。

今カラーをしても今髪の毛は薄くなりませんが、次に生え替わってくる毛から柔らかくなり・細くなり・成長期が短くなってきますから、カラーを始めた時から10年前後くらいから髪の毛の不調が始まります。

以下の方は10歳代後半からカラーを始めてから14年後の髪の毛です。

カラーの繰り返しで髪のがバサバサ

毛を育てる力が弱人と強い人

毛を育てる力が弱い人なら体の成長期が終わってから、男性なら6年くらい(30歳前後)、女性なら10年くらい(30歳~35歳前後)してから、薄毛が表面化してきます。

毛を育てる力が強い人でも、40歳を過ぎて50歳前後になると体の力が衰えたり、女性なら更年期に入り不安定な時期に差し掛かると、それまでの頭皮への負担が表面化して薄毛になることが多いです。

いずれにしても、ヘアケアやカラーによる悪影響が付いて回るのです。

じゃ、ヘアケアやカラーの悪影響を防ぐにはどうすれば良いのでしょう?次ページ「薄毛の第一原因:ヘアケアとカラーの悪影響を防ぐ」をご参照下さい。

メールマガジン育毛法を探る12のコツ メールセミナー育毛に成功する基礎知識 育毛相談サイトの無料レポート 育毛相談に関する案内書 育毛相談サイトの提携店募集の案内書