育毛相談改善事例:男性43才頭皮が老化したCさん

皮脂を取るヘアケアの習慣で頭皮が衰え、石鹸シャンプーで皮膚のバランスを崩して年齢以上に老化した頭皮にしている。そこにストレス環境で頭皮と心身が緊張している。

育毛相談改善事例:男性43才頭皮が老化したCさん

Cさんが育毛相談室にいらっしゃった時の第一印象は、「かなり心身が疲れて余裕がない」と言うことでした。

お話をお聞きしたところ、心身に余裕が無くなっているのはきっかけで、問題は異常に頭皮が緩んでいることでした。

その時の写真が以下の通りです。心身に余裕がないのは写真では分かりませんが、坊主頭でも地肌が良く見えている状態です。

Cさんのケア前の頭皮と毛

相談室では心身の疲れを取るケアをし、ご自宅では頭皮を引き締めるケアをして頂きました。頭皮が緩んでいる時はマッサージは禁止です。

ケア開始後4か月で以下のように改善。

Cさんのケア後の頭皮と毛

ケアを開始して4か月ですが、毛が太くなって濃くなり地肌の見えるエリアが減り、黒々して見えるようになりました。

心身の疲れを取るケアを行うと、ストレスが緩和され心身の緊張が解れてくるので寝てしまう人が多いのですが、Cさんは最初から最後まで目がぱっちり開いていて、中々疲れが取れないようでした。疲れが取れればもっと良くなるのにと思いますね。

男性Cさんの薄毛の原因・問題点は何?

根本的には、頭皮の皮脂を取るシャンプー法に問題があったと言えます。

皮脂は皮膚の保護膜なので、これを取るシャンプー法を採っていると頭皮が弱ってくるのです。

そんな弱っているところに、石鹸シャンプーを使うと頭皮の酸・アルカリのバランスが崩れて、皮膚に負担を強いる結果になります。

結果、年齢以上に頭皮が老化して元気をなくしてしまうのですね。それを表しているのが頭皮の緩みです。

ストレスによる心身の緊張が止めを刺す

そんな頭皮の時に、Cさんの場合はお仕事上の責任のある立場にあり、心身に負担をかけていました。

強いストレスの状態が24時間続いていたので、心身に余裕がなくなりさらに元気がなくなって薄毛が表面化したのです。

必要な育毛方法は

次のような育毛方法が必要ですね。

  1. 弱っている頭皮を本来の元気な頭皮に改善していく頭皮のケア
  2. 老化して緩んでいる頭皮を若々しく引き締める頭皮のケア
  3. ストレスを緩和して心身の緊張が解れるようになる為の生活習慣