小冊子「非常識な育毛読本」

多くの人が常識と思っていることは、育毛の事実・現実からすると非常識なことが多いです。それを現実の育毛相談と言葉の意味から詳しく解説します。あなたの育毛を考える基準にして下さい。

育毛相談から
小冊子「非常識な育毛読本」

あなたが考える毛が増える育毛の効果ってなんでしょうか?

  1. 発毛する?
  2. 抜け毛が減る?
  3. ネット上の評判では、「発毛して増えたとか、抜け毛が増えて薄毛になった」言われているから、上記の2つが正しいのではないか?
  4. そんなこと考えたことないけど、薄い部分を見えれば発毛したら良いだけじゃないかと思える
  5. よく分からないけど、毛が抜けたら本数が減るから、抜けなければ良いだけじゃないの?

いろいろご意見があるとは思いますが、現実の育毛相談の現場で見ると上記は全て間違いです。

一時的に効果があることがありますが、最終的に毛を無くすことになっています。

非常識な育毛読本表紙

育毛剤は薄毛を治さない

1999年から20年以上の間に効果がある言われる育毛剤は1億本以上の出荷実績があります。

これだけ育毛剤が売れているのに、薄毛や頭皮・髪のトラブルで悩んでいる人が減っているのでしょか?今の40才以上の方々の頭皮や髪の毛を見ればわかります。

育毛剤のサイトや評判、シャンプー等の評判を見て下さい。発毛率○○%とか「抜け毛が減ってきたました」とかの評判が数限りなくあります。

発毛して治るのは脱毛症の場合であって、多くの薄毛の人の場合は発毛しても薄毛は治りません。抜け毛が減ると将来毛が減っていきます。

小冊子「非常識な育毛読本」

薄毛と脱毛症は全く異なるのをご存じですか?抜け毛が減れば髪の毛も減るのをご存じですか?皮脂とは何の為に分泌されているのか?毛が増えるとはどういうことか?

これらを知るだけでも、訴求されている育毛剤の効果では薄毛が治らないのが分かると思います。

間違ったケア法を採らない為にも、それをご自身で判断できるようになる為にも、言葉の意味=それは何を表しているのか?を知ることが必要です。風邪を薬で治そうとするような間違いを起こさない為にも。

その為に、常識的に言われていることが実は非常識だったのを明らかにする為に小冊子「非常識な育毛読本」を作成しました。

小冊子「非常識な育毛読本」の内容

以下記述内容の概略です。

小冊子「非常識な育毛読本」のお求めはここからお願いします。

非常識な育毛読本表紙
非常識な育毛読本4p-5p
非常識な育毛読本14p-15p

小冊子「非常識な育毛読本」のお求めはここからお願いします。

メールマガジン育毛法を探る12のコツ メールセミナー育毛に成功する基礎知識 育毛相談サイトの無料レポート 育毛相談に関する案内書 育毛相談サイトの提携店募集の案内書